トピックス

12/8-9 ファッション誌研究の授業にて

今週のつくばビジネスカレッジ専門学校の授業内容を丸山さえ美がレポートします。

【ファッション誌研究】
「先生!私はどんな雑誌を読めばいいでしょうか?」
という生徒の質問から、ファッション雑誌について研究しました。
日本は世界で一番ファッション雑誌の種類が多く、細分化されていますので、どの雑誌を読んでいいか悩みますよね。
特に、この質問をくれたセキユリエさんは自分の方向性でとても悩んでいました。
そこで数ある雑誌をスタイリングマップ上で分類してみることにしました。

セキさんはアースです。そこで、アースに分類された雑誌から、あれかな、これかな?と悩み、考え
家に帰ってからもいろいろと調べ、翌日導き出した答えが「リンネル」でした。
すばらしい!セキさんにとても合っていると思いました。
”ナチュラル”がキーワードの雑誌は他にもあります。
今後「Spring」,「LEE」なんかとのコーデの違いが明確にできるようになるとスゴイですね。

【失敗アイテムの生かし方】
これもセキユリエさん企画です。(彼女には後10本ぐらい企画を出すようにお願いしました)
セキさんが持ってきた白地に黄色い小花柄のロングギャザースカート裾にコットンレース付
(ブライトアイテム)
これを生かすコーデを皆にデッサンしてもらいました。
一番私がすごくいいなと思ったのは写真右のイケノベさんのコーデです。
ロングスカートを胸まで上げてショート丈にし、下にデニムのショーパンをあわせ
そのショーパンにリンクさせて、ダンガリーシャツとウエスタンブーツを合わせるというものです。
すばらしい!
アースのセキさんに合うようダンガリーなどのアースアイテムを加え、全体をウエスタンでまとめるという凄技です。
←イケノベさんのマリン小物をふんだんにちりばめた王道マリンコーデ

次にチヒロさんが持ってきた、くすんだグリーンベージュにシルバーボタンがついた
ジャケットのコーデを考えてもらったら、ボーダーTをコーデした 子が多くてびっくりしました。
このジャケットはマリンに振るよりは甘辛MIXでフェミニンワンピースと合わせたほうが、
より生きると思います。(これもイケノベさんはできてい ました)

マリンなら、もっといいコーデがあるだろうと思い、マリンコーデを書いてもらいました。
「マリンの基本は白×ネイビー×赤!それ以外の色を入れた人は明確な理由を述べよ」
黒い船長さんの帽子をかぶせた生徒が抗議しました「マリンアイテムなのになぜダメなのか?
私は大人っぽくしたかったのだ!」
大人マリンにしたいなら白×黒×ゴールドでまとめよう!
トリコロール以外の色が入るとコーデが乱れます。

【もうすぐ卒業しちゃうから】
就職も決まってるし、もうすぐハワイ旅行だし、冬休みだし、2年生は少々ダレ気味。
男子は1時間目サボリ気味。
女子生徒のリクエストで浴衣の着付けをすることに。
男子は通称ネイル部屋で「王様の仕立て屋」を読むことに。

まず、私がミズキさんに着付けてみました。それから各自やってみることに。
途中、” もしもカレと温泉旅館に泊まった時の、色気のある着物のはおり方 ” を伝授。
ここは真剣に、みなさん復習していました。
あとは「お代官様、あれ~~~」と帯をぐるぐると大はしゃぎ。

以上今週のつくばでした。

***************************************************************
生徒主体の授業が特徴です。
授業を受ける生徒さん達が能動的に参加していることがとても伺えます。
***************************************************************