検定

6つの業種と3つのレベル

6つの業種と3つのレベル

F.S.A. Styling Map 検定は
6つの業種と3つのレベルにより構成されております。
それぞれの業種ごとに含まれる内容とフォーカスするポイントが異なり、
レベルに応じたスタイリングスキルの向上が可能となっております。

一般販売しております「Styling Map 検定テキスト」は、
下記6つの業種全てと、ジュニア・プレイヤーのレベルに対応した内容となっております。
また、テキスト内にございますworkページは下記よりダウンロードも可能です。

テキストの販売ページはこちら

テキストworkページダウンロードはこちら

F.S.A. Styling Map 検定 6つの業種

ファッションスタイリスト

テレビや映画、CM、雑誌などの出演者の
衣装やアクセサリーなどファッション全般をコーディネートする仕事だけでなく、
店頭のアパレル販売員も含まれます。

ヘアメイクスタイリスト

テレビや映画、CM、雑誌などの
出演者のヘアとメイクのスタイリングを手掛ける仕事です。
美容師やコスメ・メイク用品の販売員も含まれます。

ネイルスタイリスト

マニキュアやジェルネイルのデザインを考えたり、施したりする仕事です。

ブライダルスタイリスト

新婦のドレスや新郎のスーツ、アクセサリーなど、
挙式で身につけるもの全般をコーディネートする仕事です。

スーツスタイリスト

メンズスーツやシャツ、タイ、靴など、
ビジネスからフォーマルまでスーツ全般をコーディネートする仕事です。

パーソナルブランディングスタイリスト

個人や個人事業主に向けて、装い、名刺、ウェブサイトなど、
その人の目的や特徴を活かしてビジュアル表現、
スタイリング提案をする仕事です。

F.S.A. Styling Map 検定 3つのレベル

<ジュニア>レベル

【知る】
① スタイリングとStyling Mapの基礎知識を身につける。
② 学習で初歩的な分析や分類方法を習得する。

●各業種に応じた筆記試験(60分)

<プレイヤー>レベル

【できる・使える】
① 思考・言動パターンを活かした接客スキルを身につける。
② デザイン画でスタイリング提案ができる。
③ 多数の人の分析・分類ができる。
④ 幅広いアイテムの分析・分類ができる。
⑤ <ジュニア>レベルで学んだ基礎知識をベースに分析を深め、分析の精度を上げる。

●各業種に応じた筆記試験(60分)※デザイン画含む

★実際に顔写真分析を行い、
それに似合うデザイン画を作成する等実践的な問題も含まれます。
↓デザイン画イメージ↓
IMG_0208IMG_0207

<マスター>レベル

<プレイヤー>レベルまでで習得したことの実務実績・成果の、報告・発表を行う。
Styling Map を仕事で活かし、その成果を他者にも伝えることができる者を<マスター>レベルと認定する。

●⑴事前課題(報告書、分析シート、コラージュ・テイストスタイリング等)
●⑵筆記試験90分(記述式)
●⑶実技試験60分(模擬セミナー30分/模擬接客30分)